OLから客室乗務員(CA)へ転職した元CAがエアライン受験をアドバイス

講師直通 080-3957-2330 お問い合わせはお気軽に 9時~18時

個別相談

OLから客室乗務員(CA)へ転職するには【後編】

誰でも目指せる!OLから客室乗務員(CA)へ転職する方法 【後編】 

OLから客室乗務員(CA)に転職した元CAが、転職するために必要な受験対策についてアドバイスをいたします。

新卒でのCA受験では夢が叶わなかった方、OLとして就職したけど、キャビンアテンダントという職業に興味が出てきて転職を考えている方、これから社会人(既卒)として航空会社の受験を考えている方はぜひ参考にしてください!

気になる面接時の身だしなみ!&試験内容

客室乗務員(CA)への転職のコツ:面接時の髪形はどうしたらいい?

OLから客室乗務員(CA)へ転職するには

客室乗務員(CA)はとても独特な髪型と化粧をしていますね。とりあえず、髪は後ろできっちりまとめたアップスタイルで、化粧はバッチリ!といった感じでしょうか。

面接時もそのような格好をすべきなの?と疑問に思われる方は多いと思いますし、馴染みがないのでどうしたらよいかわからない人も多いと思います。

面接時、基本的にはアップスタイルはした方が良いです。私は最初アップスタイルができなくてポニーテールで面接会場に行っていましたが、ほとんどの人が完全なアップスタイルでした。自分でシニヨンや夜会巻きなどが出来る人は、そのスタイルで面接に行った方が無難です。ですが、やり方がよくわからなくてうまくできず、遅れ毛がでていたり、ボサボサになってしまったりする人はポニーテールの方が綺麗ですので、ポニーテールでも大丈夫です。最終試験までにはできるようになるのが理想ですが、私は最後までできなかったのでポニーテールで面接を受けましたが、合格しましたのでそこまで神経質になる必要はないと思います。

とにかく重要なのは、清潔感があるかどうかということ。せっかくヘアスタイルを作っても見た目が美しくなければ意味がありません。しっかりワックスやスプレーなどでばっちり決めてください。とくにアップスタイルは時間が経つと崩れがちなので、注意してくださいね。

客室乗務員(CA)への転職のコツ:面接時のメイクは?

よくエアラインスクールでメイクの仕方を教えていますが、通えない方もたくさんいらっしゃると思います。入社してからメイクの授業がありますので、完璧にする必要はありませんし、試験管もメイクにそこまで期待していないのでご安心ください。

とにかく、清潔感があればよいのです。著しく濃いメイクで来る人もいますが、全く清潔感がないのでNGです。いつも薄化粧と周りから言われる人は気持ち濃くするように心がけましょう。

重要なのは口紅。いつもつけているものより濃いめの色をつけてください。あとはチークをつけること。この2点を守れば血色も良くなり、元気な印象を与えます。客室乗務員(CA)が真っ赤な口紅をつけるのは暗い機内でも血色が悪く見えないようにするためです。よって、元気で清潔感のある化粧ができればOKです。

客室乗務員(CA)への転職のコツ:他にどんなテストがあるの?

今まで面接についてお話ししてきましたが、他には体力テストや健康診断、英語のテストがあります。どこまでやるかは航空会社によって違いますので、調べておくとよいでしょう。

体力テストは私が受けたものは簡単だったので特にトレーニングは必要ないものでした。ですが、会社によってはスイミングのテストなどがあるところがありますので、やはり下調べは必要です。

あとは、身長を測ったり、耳抜きができるか、平衡感覚があるかなどのテストがあります。目をつぶってその場で30秒間足踏みをして指定の枠から出るとアウトなど独特な試験もありました。(内容は航空会社によって違います。)

鼻がつまっていると耳抜きがしにくいので、風邪をひいている人や詰まりやすい人は点鼻薬を用意したり、鼻かぜの人は耳鼻科に行って治療したりしておくとベターでしょう。

あとは、気になる英語のテストですが、これも求められるレベルが会社によってかなり違います。TOEICの点数を提出しなければならない会社や、英語面接のある会社、筆記試験だけの会社もあります。特に外資系は高い英語力が求められることがありますので、これもどこまで英語力が必要かしっかりと調べておくことが必要です。

客室乗務員(CA)への転職のコツ:履歴書の写真は?

最後に、履歴書の写真についてお話しします。

履歴書に貼る写真は顔写真だけでなく全身写真を貼るよう求められる航空会社があります。 私の時は、全身写真も必要でさらに『私服で撮ること』という条件付きでした。洋服のセンスを見るためというより、その人の雰囲気を見るために設定された条件です。スタジオでも、外で撮影してもOKとのことでしたので、私は外で撮影しました。明るい方が好印象かなと思ったからです。また、洋服も私服での撮影を求められる場合は、明るい印象で清潔感のある洋服を選びましょう。暗い色よりは上品な明るい色を選ぶと無難です 。

やはり、素人が全身をスタイル良くとるのは難しいので、プロのカメラマンにお願いしましょう。ネットで検索すれば、ほとんどの写真館で全身写真を撮ってくれますよ。

客室乗務員(CA)への転職のコツ:清潔感、好印象が一番大切

いかがでしたでしょうか。

全く別の業界でOLをしていると、航空業界の基本がわからないので、身だしなみなどのルールに戸惑いますね。ですが、そこは著しくひどくなければあまり気にしなくてもOK! 私も面接会場に行ったら、周りの身だしなみの美しさに引け目を感じてしまいましたが、面接の受け答えがしっかりできて、清潔感のある身だしなみさえしていれば怖気なくても大丈夫!自信を持って面接に挑みましょう 。

「OLから客室乗務員(CA)へ転職」の記事を書いた元CAは・・・

元キャビンアテンダント 裕美子:

国際線の客室乗務員(CA)を6年経験。結婚し、夫の転勤に伴い航空会社を退職。現在は、主婦をしながら趣味の美容とグルメを楽しみ、美的女子生活を満期中。同期はまだ現役でフライトをしているため、最新の航空業界やCAのお仕事事情に詳しい情報通。

元CAによるワンポイントレッスン(参考コンテンツ)

元CAがアドバイスしてくれるワンポイントレッスンは、こちらのページもご覧ください。

 

個別相談&カウンセリング 無料 お気軽にご相談ください

お問い合わせ 講師直通 080-3957-2300 10時~21時 土日祝祭日もOKです