元外資系CAがアドバイスする外資系航空会社へ送るエントリーシートの書き方

講師直通 080-3957-2330 お問い合わせはお気軽に 9時~18時

個別相談

元外資系CAがアドバイスする外資系航空会社向けエントリーシートの書き方

元外資系CAがアドバイス!外資系航空会社へ送るエントリーシートの書き方

外資系航空会社で客室乗務員を経験した元CAが外資系航空会社送るエントリーシート・履歴書の書き方をアドバイス!

はじめに:外資系エアラインCAになるための2つの方法

外資系エアライン英文履歴書の書き方

外資系航空会社で客室乗務員の仕事を得るためには、2つの方法が有るのをご存知ですか?

一つ目は、募集が出るのをひたすら待つ方法、2つ目は、自分から行動して自分の履歴書を航空会社へ送りつけるという方法です。

実は二つ目の方法は海外では一般的な就職活動の方法で、日本に働きに来ている外国人の方もこのような方法で日本で職を得ている人が多いのですよ。 勝手に送りつけて問題ないのかなぁとついつい思ってしまいますが、自分を売り込むことに積極的な海外ではごく普通のことなので、興味が有る方はぜひ、英文履歴書を作成して航空会社に送ってみてください。

今回は外資系航空会社の客室乗務員に応募するための英文履歴書の作成方法のコツを伝授します!

客室乗務員応募時に使用する英文履歴書作成時の約束

初めて英文履歴書を作成する方は、一度英文履歴書に関する本を読むことをおすすめします。 一般的にどのように書くべきなのか、どのような見た目なのかということに関しては多くの本で紹介されています。インターネットでも検索すればすぐに見つかると思いますので、まず、英文履歴書を見たことがない方はそこからスタートして下さい。 どんな見た目か理解された方から、次の3つのチェックポイントをクリアしているかどうか確認してから提出しましょう。

(1)英文履歴書はパソコンで作成する

英文履歴書は日本語の履歴書のように手書きでは作成しません。パソコンなどで作成しプリントアウトしたものを提出することで、プロフェッショナルなイメージを採用担当者に与えることが出来ます。逆に手書きのものを提出するとあまり良いイメージがありませんのでご注意下さい。

(2)カバーレターを含んで最大で2枚

英文履歴書を送る際は、カバーレター一枚、英文履歴書(レジュメ)一枚の合計二枚のみにまとめるようにして下さい。沢山書いて送っても採用担当者は一切読みません。 カバーレターには、自分がどういう人間でどこでこの募集を見つけたのか、または、なぜその仕事に興味が有るのかということや、自分のどういった部分が応募先企業に良い影響をあたえることができるのかということを短くまとめます。 長々と小さな字で沢山書いても、またこれも読んでもらえませんので、最低でもフォントサイズ11以上で作成するようにしてください。

(3)活動動詞をつかって職歴や経験を説明している

英文履歴書にご自身の経験や勉強してきたこと、やり遂げてきたことなどを記入する際には、活動動詞というものを使用することで短い文章で強いイメージを与えながら経験を説明することが出来るようになります。 活動動詞もインターネットで検索すると多くの例が出てきますので自分の経験を力強いイメージで伝えるにはどうしたらよいか考えながら最適な単語を選んで文章を作成しましょう。 活動動詞は以下の様なものです。

cooparated(協力した)、Managed(管理した)、Harmonized(調和させた)など、「~をする」という動詞の中で自分が行ったことを具体的に示している動詞を過去分詞形で表現することで上手くまとまります。 最後に、 可能であれば、ネイティブの方に英語のチェックをお願いしましょう。

日本国内で募集されている外資系航空会社へ英文履歴書を送る際の約束

日本国内で、「日本人のお客様向けとして雇われる客室乗務員」の募集をする外資系航空会社は多くあります。この場合、日本での履歴書送付マナーもしっかりと守って提出するようにしましょう。 また日本語での履歴書を送付するように指示されることも少なくありませんので、丁寧に作成し、応募期限を守って提出して下さい。あくまで日本人のお客様向けの客室乗務員を募集しているわけですから、日本人としての常識が有ることが、この採用に関してはとても重要なポイントです。 提出するものは指示されたものだけ送るようにしましょう。 採用担当者が何千人者応募者の書類に目を通さないといけません。 「指示されたもの丁寧に作成し提出期限までに応募する。」というのが基本です。

最後に最近では郵送での応募は少なくなってきています。 メールやウェブフォームでの応募も一般的になっていますので、基本的なパソコン操作が行えるように練習しておきましょう。

「外資系航空会社へ送るエントリーシートの書き方」を書いた元CAは・・・

元キャビンアテンダント 友香:

エアラインスクールに通学後、外資系航空会社の客室乗務員として7年勤務。退職後、小売店での外国人通訳担当なども経験し、英語を使った仕事で幅広く活躍中。

元CAによるワンポイントレッスン(参考コンテンツ)

元CAがアドバイスしてくれるワンポイントレッスンは、こちらのページもご覧ください。

 

個別相談&カウンセリング 無料 お気軽にご相談ください

お問い合わせ 講師直通 080-3957-2300 10時~21時 土日祝祭日もOKです