客室乗務員(CA)の仕事内容|エアラインスクール CAコンシェルジュ

講師直通 080-3957-2330 お問い合わせはお気軽に 9時~18時

個別相談

客室乗務員(CA)の仕事内容

客室乗務員(CA)の仕事内容

飛行機の中で活躍する客室乗務員(CA)ですが、仕事内容や担っている役割には様々なものがあります。一体、客室乗務員(CA)はどのような仕事を行っているのでしょうか。

客室乗務員(CA)の仕事内容:客室乗務員が担うのは、サービス業務と保安業務

客室乗務員(CA)の仕事

乗客として目にする客室乗務員(CA)の仕事は、飲み物サービス、機内販売、アナウンスなどが印象に残っているのではないでしょうか。

客室乗務員(CA)の仕事は、一見、機内サービスのみに目が向いてしまいますが、乗客が搭乗して降りるまでの身の安全を守る保安業務もあります。離着陸時の手荷物の収納やシートベルト着用の確認、サービスをしている間も機内に異常はないか、体調不良の乗客はいないかなど、「保安の目」で常に機内の安全状況に注意を向けています。航空会社のもっとも大切な使命が、乗客を安全に目的地まで届けることにあり、その使命を担っているのが客室乗務員(CA)です。

客室乗務員(CA)の仕事内容:客室乗務員が行うサービス業務とは?

国際線の大型機ですと、11〜13人の客室乗務員(CA)のエコノミー、ビジネス、ファーストの各クラスに乗務し、サービスに当たります。クラスごとに多彩なドリンクや食事が用意されおり、乗客のリクエストに応じ、会話を楽しみながらサービスにあたっています。また、免税品の販売や入国書類の配布なども実施します。

仕事はチームプレーでありながら、サービスは客室乗務員(CA)一人ひとりの資質と技量が、サービスのクオリティを左右します。ですので、よりよいサービスを実現するために、客室乗務員(CA)はオフの時もよく勉強する方が多いです。ワインの知識を深めてソムリエ資格を取ったり、料理教室に通ったり、読書で視野を広げたり、語学の勉強をしたりと様々ですが、すべてはお客様に喜んで頂きたいという想いから成長を続けています。

客室乗務員(CA)の仕事内容:保安業務の主な内容

飛行機の機体のトラブル発生時や、乗客が身の危険にさらされるような突発的な事件の際など、保安要員としての適切な判断と沈着な行動が求められます。

また、急病人が発生した場合には、その場で可能な限りの応急手当と、空港に到着してからの救護体制の手配などの緊張が続きます。起こってはならないことですが、飛行機事故やハイジャック事件も視野に入れておく必要もあります。機内では何が起こるか分からないので、客室乗務員(CA)は、起こり得るこのような事態を想定してトレーニングを積み、万一の時に備えています。

客室乗務員(CA)の仕事内容:客室乗務員は、自分の身を守ることも大事な仕事

保安要員として、乗客の身の安全を守ると同時に自らの安全も確保しなければなりません。客室乗務員(CA)がケガをしてしまったら、助けられる命も助けられなくなります。急激な揺れが生じてベルト着用サインが点灯されれば、客室乗務員(CA)もすぐさま着席し、乗客へのベルト着用を周知するアナウンスを入れます。

また、機内でドリンクサービスの最中に客室乗務員(CA)の判断で「危険」と思ったら、温かい飲み物サービスを見合わせるなどの対処もあります。誰一人としてやけどを負わさないための対応です。このようにその場の早めの判断やとっさの機転、意思の疎通を機能させ、未然に機内事故を防げるよう努めています。

客室乗務員(CA)と航空業界のお仕事研究(参考コンテンツ)

元客室乗務員やグランドスタッフなど業界経験者が教えてくれる業界&お仕事研究コンテンツは、参考にこちらのページもぜひご覧ください。

 

個別相談&カウンセリング 無料 お気軽にご相談ください

お問い合わせ 講師直通 080-3957-2300 10時~21時 土日祝祭日もOKです